日暮荘 京都の町家ゲストハウス Higurashi-sou トップページへ

電話: 075-406-7946

Monthly Archives: 7月 2018

京都からのショートトリップ吉野、中篇

2018年07月18日

吉野探訪をした前回のブログに引き続き・・・
吉野山から帰ってきた私たちが向かった先は、今宵のお宿。

お世話になったのは、吉野杉をふんだんに使ったこだわりのゲストハウス「三奇楼」さん。
二階の和室は吉野川を眺められるまさにリバービュー。
お昼にはバーベキューや川遊びをする人たちもいて、

広々贅沢なテラスでワインのんで、川を眺めて、おしゃべりして。
ゆったりとした吉野時間を堪能しました。
山も近いし、空は広いし

「こんな贅沢しちゃっていいのかな!?」を何度言ったことだろう。

管理人さんもとても優しく、終始笑顔で対応頂きました。
こういう人になりたいと思いました。

蔵を改装した、こんな素敵なバースペースもあるんですよ。
ちなみにバースタッフ募集中とのことでした。

翌日は早朝から大台ヶ原を目指すべく、宿から歩いて15分の駅前から出ている一日往復1本のバスに乗ります。
今回の旅のメインイベント、大台ヶ原に登る!
これを逃すと車を持っていない我らは、何をしに吉野まできたんだと途方に暮れることになります(しかし昨日で随分満喫したので、元は取った。)

朝ちゃんと早起きをし、シャワーも浴び、お布団を畳んで、荷物をまとめる。
まだ時間があるから下でコーヒーでも、とゆったり本を手に取ったり、楽しく談笑したりしていると、、ハ!と我に返り「今何時!?」と確認するとバスの出る10分前!
マズい、、歩いて15分、、、やらかした!!!
とパニックになりながら急いでチェックアウトをしていると、優しい優しい管理人さんが、すぐ車出しますからとりあえず先歩いていてくださいと。

もうお世話になりっぱなしで本当にその節はありがとうございました。
おかげで無事バスにも乗れ、何をしに吉野まできたんだと途方に暮れることなく旅を続けることが出来ました。
でも、吉野時間てあると思うんですよ。
吉野川がゆったり流れ、山の緑が目にしみるこの土地には、そんなにセカセカせんでええやんと思わせるリズムが。。

ともあれ三奇楼さん強くおすすめします。
予約は電話のみとなりますので、ホームページの空室を確認の上お問い合わせください。

三奇楼
http://sankirou.com/
1名4000円~
近鉄・大和上市駅から徒歩15分

大台ヶ原の様子は、後篇に続く・・・

京都からのショートトリップ吉野、前篇

2018年07月05日

京都から近鉄電車の特急で2時間足らず、意外と近い奈良・吉野へ、梅夜の女将とショートトリップしてきました。
東大寺や奈良公園のある中心地へはよく行かれると思うのですが、自然が好きな人は吉野もどうでしょう?
山に囲まれた自然豊かな吉野は林業が地場産業で、吉野杉はとても有名です。

吉野が地元の金魚家鯉屋の女将&女将のお母さんに吉野山を案内してもらうという贅沢。
金魚家、鯉屋の女将の地元愛に触れました。

奈良と言えば、柿の葉寿司
関西人ですからうどんと一緒に。

旅行気分で浮かれていたのか、道中コンビニでも自動販売機でも、
「奈良でしか食べられないものはないか」と、
冷静に考えれば、お隣の県だしこのご時世流通も発達しているのに、いちいち探してました。
旅中これを「吉野ハイ」と呼んでました。

吉野山の中腹にある立派な本堂の、金峯山寺
特別公開の時期に行けば、青い蔵王権現像も見ることができます。

吉野山は桜の時期がとても有名です。
桜を一本一本見るというよりも、桜でピンクになった山をみる、という感じらしいです。
お花見のスケールが違う!
上千本・中千本・下千本と名付けられたエリアごとに、寺社仏閣がたくさんありますので、ゆっくり探索するのも楽しいです。

この時期は、紫・青・白と色とりどりのあじさいがそこら中に咲き乱れ、
散策中も飽きることがありません。
7月7日までは、あじさいまつりがおこなわれていますよ。

 

**京都から吉野までのアクセス**
京都駅から、近鉄電車で「橿原神宮前」駅のりかえ、「吉野」下車。
特急で1時間46分、片道2550円。
*****************