日暮荘 京都の町家ゲストハウス Higurashi-sou トップページへ

電話: 075-406-7946

お宿 梅夜さん、ご紹介

2017年02月11日

またひとつ、新しい仲間ゲストハウスができました。

今年の1月からオープンした、お宿 梅夜(うめや)さん。

梅の夜と書いて、うめや。色気のある素敵な名前ですよね。

和楽庵の店長をしていたきむさんと、台湾人の旦那さんのえんちゃんによる西陣エリアのお宿。

IMG_5877

ずどーんと吹き抜けた共有エリア。バーカウンターのようなフロント。

その横には、ソファがありくつろげます。

IMG_5881

IMG_5923

照明がレトロ可愛く、一気に旅気分が盛り上がるのではないでしょうか。

IMG_5885

お庭もあります。

目下えんちゃんお庭勉強中。色々と思考中なようで、どう変わっていくのか楽しみ。

IMG_5902

昔ながらの階段をあがると、

IMG_5886

一人旅にうれしいシングルのお部屋、「雪」と

IMG_5890

まさにここからお月さんを見ながら晩酌とかいいね、という感じのツインルーム、「月」

IMG_5898

IMG_5894

1階には、専用庭付きのツインルーム「尋(たずね)」と、大きな庭が見渡せる「聴(きく)」も。

お部屋のネーミングがまたいいですよね。

名付けにちなんだエピソードは梅夜さんのブログにて。

 

そして、個人的超おススメは、離れにある女性ドミトリー「鶯(うぐいす)」。

IMG_5920

天井が高く、広々としてかなり贅沢なドミトリーです。

こだわりの、女子を唸らせる可愛らしい専用シャワールームと手洗いまであって。

IMG_5912

 

暗くて分かりづらいのですが、鶯の外観。ここが素敵に植物でおおわれるようになる予定!

IMG_5922

 

日本、台湾、大正ロマン、クールな感じ、、、

これから二人のお宿がどんどん成長していく姿は見逃せません。

IMG_5925

お宿 梅夜、ごひいきに!

ご予約は、梅夜さんのホームページからどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です