日暮荘 京都の町家ゲストハウス Higurashi-sou トップページへ

電話: 075-406-7946

因幡薬師&豊国神社の手作り市

2017年10月11日

10月に入って涼しい日も増え、すっかり秋になってきましたね。

お部屋の、新しい手元ランプを探しに手作り市へ行ってきました。
まずは因幡薬師さんへ。


別名・平等寺のこちらはご近所さんに愛される小さなお寺という感じ。
手作りのパン・お菓子やアクセサリーなど、境内所狭しとお店が並んでいて、まわりの話し声、笑い声を聞きながら色々見て回るのが楽しいです。


一番惹かれたのは、おばあちゃんが売っていた地元野菜。
今回の目的はランプなので、我慢我慢、、、次に向かいます。

因幡薬師さんから南東へ、
豊国神社に到着。


こちらは骨董寄りで、もしかしたらあるかも?と期待が高まります。
たまたま神前式が行われていて、贅沢にも和楽器の音を聴きながらウロウロ。

結果は今回はビビッとくる出会いがなかったので、
また他の骨董市へ出向こうと思います。
毎月たくさんの神社、お寺で骨董市・手作り市がおこなわれているので、観光のついでに寄ってみてください。
「出会ってしまった!」と思ったら即買いですよ。一期一会の出会いですからね!

因幡薬師(平等寺)
バス停「堀川丸太町」から101番で「烏丸松原」下車、徒歩すぐ。

豊国神社
バス停「千本丸太町」から206番で「博物館三十三間堂前」下車、徒歩5分。

 

シャワールームの天井塗装しました

2017年09月02日

日暮荘の開業当初からずーっと、かれこれ2年半ほど気になりながら、やることリストから消えなかったことをようやくひとつ、消すことが出来ました。

それは、シャワールームの天井塗り。

汚れかカビか、見たところなかなか年季の入っていそうな感じだった黒ずみ。
もうこれは上から塗ってしまうしかないだろう、と、ペンキ一式を購入しいざ!

へっぽこDIY、養生後ひとまずカビキラーを塗り付け、とれるカビをとってみることに。
するとどうでしょう、めっちゃくちゃきれいになってしまいました。
この出鼻くじかれ感ですよ。
もうこのまま水でカビキラーを流して、ペンキ塗り作戦自体も水に流してしまおうか、、と悩みましたが、やっぱり初志貫徹で行こうと、翌日作業をすすめます。

コーキング剤でひび割れ部分を埋めたのち、全体的に下地材を塗ります。
こういう地味な工程が多いんですよね。。「段取り八分!」を合言葉にひとり黙々と続きます。

乾燥を待って、ようやくペンキ塗り。
えーいと思い切って、薄ピンクにしてみました。
タイル壁のクリーム色、床の水色と、天井のピンク。(思いのほか濃かったピンク!)
メキシコ・グアナファトの街並みをイメージしてみました。

涼しくなってきたとはいえまだ夏。
窓を閉め切り、養生シートに囲まれ、雨合羽を羽織っての作業は、岩盤浴でサウナスーツを着ているような気分になります。
「あっつーー、誕生日の今日になんでこんな苦行を、、」とひとりごちながら頑張りました。

少しでも日暮荘シャワーライフが快適になりますように。。

川床で女将会

2017年08月23日

不定期でおこなわれる、恒例・女将会。
今回は、梅夜の女将の提案で鴨川の川床にて開催。
タイ料理の佛沙羅館にて。

夏が終わってしまうぅ~~、と
そんなに夏が好きってわけじゃないのに(暑いし!)
終わると言われると寂しくなる、残暑の最近。
夕方、日が少しずつ落ちるにつれ、風が心地よくエアコンがいらないくらいになってきました。

和楽庵楽座の大女将を筆頭に、錺屋月屋金魚家鯉屋梅夜、日暮荘、と大阪から由苑PAX HOSTELのそれぞれの女将連、総勢10店舗。ちょっとなんかしらできそうな店舗数。
真面目な話から、女子会トークまで、いっぱい飲んで、いっぱい食べて、いっぱいエネルギーもらいました。

さあ、夏から秋へ頑張っていきましょう。

観葉植物の鉢替え

2017年08月17日

室内に置いている観葉植物の鉢を一回り大きいものに替えました。
鉢の底から根っこが出てきていて、ここ最近植物から無言のプレッシャーを受けておりました。

こちら鉢のサイズを間違って、二回り大きくしちゃったモンステラ。大丈夫かなーー。。
日暮荘オープンの際に、ゲストハウス和楽庵のオーナーからもらったお祝いです。
今回で鉢替えを3回し、大きく大きく成長しました。
南向きの庭に面した廊下に置いているので、お日さんの光が届きます。傍に置いている蚊取りゾウ(最近おめめをつけて、ぐっとお茶目に!)も静かに見守っています。

そして、両親からもらったオーガスタ。
アオキが広がって日があまり入らない庭前に置いていたのですが、今回剪定をし驚くほどに明るくなりました。どんどん育てよーー。

植物を育てるのは苦手で枯らしてばかりいたのですが、よく観察し適度に手を加えてやると、なんとかなるもんかなと最近思うようになりました。
室内・庭ともに愛情をもって育てていくと、可愛くなるもんですね。

庭の剪定その1

2017年08月12日

春からこんなにもっさもさになっていた庭。剪定してもらいます。


剪定してもらう庭師さんは、以前働いていたゲストハウス和楽庵でお客さんだった、今はフリーランスの庭師、アンドリュー。

まさか、自分の宿に庭師としてアンドリューにきてもらうなんて、かれこれ5年くらい前に和楽庵で会ったときには考えられなかったなあ。
お手伝いに来てくれたアンドリューの奥さんこと、ももよちゃんはフォトグラファー。


ももよちゃんにもいずれ素敵に日暮荘の写真を撮ってもらいたい、、、
どんどん繫がるうれしいご縁です。

今日は一番大きな庭をがつんと剪定。
プロってほんと躊躇なくばっさばっさと剪定していくんですね。


去年、自分で剪定したつもりですが、おっかなびっくり悩みながらやったり、届かないところは諦めたので全然不十分だったなと今気づく。

ほぼノンストップで5時間強。
この暑い中、本当にありがとう。


おかげでこんなにすっきりしました。ロングヘアーからベリーショートにばっさり切ったね、っていう感じ。

日暮荘の一番大きな木、モッコクは今まで茂りに茂って見上げると緑一面!って感じだったのが、今は合間から青空が見える。。新鮮ーー。


各植物、風通しがよくなってきっと喜んでいるに違いない。
そして木陰が減ったからか、蚊がぐっと少なくなったような。
剪定の大事さを身にしみて感じました。

京の七夕 【Event Info】Kyo no Tanabata

2017年08月07日

今日は一日台風横断中の京都です。
明日には過ぎ去るようですが、各所被害がありませんよう祈っております。

今月は、「京の七夕」というイベントがあちこちで行われています。

今までは、メインは鴨川沿いと堀川沿いだけだったのが、年々催しの場所が増え今年は6会場同時開催。
堀川、二条城、北野天満宮、鴨川、岡崎、梅小路公園。

西にいても東にいても南にいても、どこでだって気軽に寄れるようになりました。
旧暦の七夕に合わせて、8月5日から11日まで、日暮荘の近くだと堀川沿いと二条城でライトアップや音楽のイベントなどなどありますので、夜涼みのついでに是非足をお運びください。

尚、堀川会場は期間中イベントの行われる遊歩道が北向き一方通行となりますのでご注意ください。今までは散歩しながらイルミネーションを見る堀川会場だったのですが、どうやら今年は屋台村が出るみたい。。!

We have illumination event, ‘Kyo no Tanabata’ in 6 venues- Horikawa river, Nijo castle, Kitano tenmangu shrine, Kamo river, Okazaki district and Umekoji park.

You can also enjoy some music, local food and some other things there under nice night breeze.

For further information, please check their website below or just ask us when you get here!

京の七夕 ( English website )

【堀川】~8月11日 19時~21時半   【Horikawa】~Aug 11th 19~21:30

【二条城】~8月14日 19時~21時半 (入城21時最終)  【Nijo castle】~Aug 14th 19~21:30 (Last enter 21:00)

【北野天満宮】~8月16日 日没~21時 【Kitano tenmangu】~Aug 16th Sunset~21:00

【鴨川】~8月11日 19時~21時半 【Kamo river】~Aug 11th 19~21:30

【岡崎】8月11日~13日 19時~21時 【Okazaki】Aug 11th~ 13th 19~21:00

【梅小路公園】~8月13日 19時~22時 【Umekoji park】~Aug 13th 19~22:00

こちらのチラシで各所へのアクセスやイベント内容をご覧いただけます。

祇園祭後祭ー日和神楽とあばれ観音

2017年07月24日

7月まるまる1か月を使って行われる祇園祭も、大きな盛り上がりを見せる前祭を終え、あれよあれよと後祭も山鉾巡行を迎えました。

その前日に行われる、後祭の日和神楽とあばれ観音を見てきました。

日中のあっつーい時間と違い、夜風が涼しく人通りの少ない後祭の夜は大人の祇園祭という感じ。
前祭と違い屋台などの縁日感はありませんが、その分よりじっくりと山や鉾を見られますのでお勧めです。

新町通を歩いていると、日和神楽のコンチキチンが。
この音を聞くと、梅雨の終わりとこれから来る夏本番を想起させられます。

こちら平旅籠ひばりの女将ご贔屓、鷹山

錺屋月屋の女将の各・山鉾の解説をありがたく聞きながら、セレブな雰囲気の北観音山を堪能し、


南観音山に到着。
こちらのあばれ観音を初見物。
観音さんが布で包まれ、チーム南観音さんに担がれ、、、

「わーっしょい、わーっしょい!!!」
と、観音さん揺さぶりまくられます。(ブレブレですが、なんか背の高いやつが観音さんです)
心の広い観音さんに感謝しつつ、なんだか見てる方も楽しくなって盛り上がります。
でも一番楽しいのはきっと担ぎ手のみなさんだと思うな。

今年の祇園祭も残すところあと1週間。
灼熱の中お務めされている各山鉾町のみなさん、今年もありがとう。

立ち呑み あてや、はじまります!

2017年07月22日

ゲストハウス金魚家で長年スタッフとして働いていた、あいりーんが7月25日に立ち呑み屋さんをオープンします。

先日、オープニングパーティにお邪魔してきました。
チーム元金魚家、あいりーん(右)&この日のために片道2時間かけて来た、ゆきちゃん(中央)&自身の宿「ひばり」ももうすぐオープンの、けいくん(左)。
日暮荘が始まる時も本当に骨身に染みるように感じたことですが、独立しても助け合いの素敵な関係が続くのは何よりの財産だと、誰かが独立するたびにいつも思います。

オープンのお祝いに、あいりーんリクエストの雪平鍋をプレゼントしました。
有次のものは柄が折れても修繕してもらえるので、直しつつ長く使い続けていい味になるように。あてやもそんなお店になりますように、という想いを少し乗せて。

色んな人が集まっていい時間を過ごす、そんな空間をずっと作りたいと思っていたあいりーん。
呑み屋という形にしたのは、あいりーんらしい。
盛り上げ役で、気遣いの人なのでいいお店になるのは間違いないです。頑張りすぎて疲れちゃわないように、、!

場所は、千本今出川交差点すぐ。日暮荘からだと最寄りの「丸太町智恵光院」から10番のバスで「千本今出川」まで5分くらいです。帰りは酔い覚ましに歩いて帰ってきてもいいですね。

くわしくはこちらまで↓
あてやFacebook
あてやinstagram

明日休館のお知らせ Closed tomorrow

2017年07月19日

祇園祭・前祭りも巡行が終わり、京都は一息ついております。
次は後祭りがありますので、今月いっぱいは「暑い~暑い~」と言いながら祭りの京都を楽しんでください。

さて、明日20日は日暮荘お休みとさせていただきます。
電話は20日16時まで、翌21日10時からおかけ下さい。
メールでのお問い合わせも同様に、20日16時以降にいただいた分は、21日に順次お返事させていただきますのでご了承くださいませ。

We are closed tomorrow, on the 20th. We can’t answer the phone during 20th 4pm – 21st 10am. Instead we send you back email on the 21st.

後祭り参戦に向けて、少しチャージしてきます!

レンタル着物・菊花房さん RENTAL KIMONO KIKKABOU

2017年07月08日

これからは可愛い浴衣が来たくなる夏。日暮荘のお部屋で浴衣を着つけてもらって縁日や観光にお出かけしませんか?
Summer has come. Why don’t you wear Yukata (Summer casual Kimono) and go to local festivals or sightseeing?

お部屋で着付けをしてくれる、出張専門のレンタル着物店「菊花房」(きっかぼう)さんをご紹介します。
暑い中、わざわざお店まで出向かなくてもいいというのがうれしいですよね。
小物レンタルやヘアセット(別途料金)もお願いできるので、ぐっと気軽に浴衣歩きができます。

We introduce ‘Kikkabo’, rental kimono shop who visits and dresses you up in your room at Higurashi-sou.
Their set plan includes a purse and shoes and you can also ask them to set your hair with extra charge.

9月中旬まで限定の浴衣セットは4500円、通年の着物セットは6500円。
詳しくは、菊花房さんのホームページをご覧になりご予約下さい。
Yukata plan (only in summer) is 4500yen and Kimono plan is 6500yen.
For details, please take a look at Kikkabo’s website.

菊花房さんの着物・浴衣は、可愛いのがたくさんあるので女子のみなさんテンション上がると思いますよ!