日暮荘 京都の町家ゲストハウス Higurashi-sou トップページへ

電話: 075-406-7946

宿直さんのお引っ越し

2018年12月31日

4月から宿直をしてくれていたみやびちゃんが古巣の錺屋へ戻るということで、
日暮荘を卒業しました。
そして、上京区から下京区へとお引っ越しの日。
錺屋おかみが自ら運転し、荷物と人の運搬をかってでてくれました。

昨日から仕込んどいたぜんざいに火鉢であぶった丸餅をいれて、みんなでぜんざい休憩。
この日はアメリカ人のおともだちが餅やき隊長。
ちなみに、三が日は通常の朝食はお休み。代わりにこちらのぜんざいを無料でふるまいます。

火鉢が気に入ってしまったようで、日本のバーベキューやーんから気付いたらビーフの部位について熱弁されてました。なんのこっちゃ。
日本人でも、火鉢はもちろん七輪ですらなかなか日常に出てこないものになりましたよね。
火を見ながらゆっくりおしゃべりしたり親しい人と時間を過ごす、てこれヒュッゲですね。

ヒュッゲ(Hygge)とは、デンマーク語で「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気」という意味の、他の国の言語では置き換えられないデンマークの個性を形成している言葉。

そして新しい宿直さんは、これまた錺屋から来てくれるかなえさん。
5か月間と日暮荘にしては短期間ですがよろしくお願いします。

日暮スタッフと仲間たち、総勢10人でわいわい。
年の瀬によいヒュッゲができて幸せでした。

みなさまもどうぞよいお年を。

 

2018年12月31日
日暮荘 山畑真理

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です