日暮荘 京都の町家ゲストハウス Higurashi-sou トップページへ

電話: 075-406-7946

Monthly Archives: 1月 2019

ショートトリップ・和歌山電鉄貴志川線

2019年01月23日

和歌山へ日帰り旅行してきました。

旅の目的は、猫の駅長が居ることで有名なローカル線、貴志川線
電車を乗り継ぎ2時間半、京都からは近くて遠い和歌山。
片道2時間半、往復5時間、かけての目的が電車に乗ることって、なかなかシュールでしょう。乗り鉄女子みたい。
JR和歌山駅から、うめぼし電車にのります。

貴志川線の廃止を救ったといわれる初代猫駅長、たまで有名なこの路線。
現在はたまは亡くなって、ニタマ駅長とよんたま駅長が後を継いでいます。

たまが駅長になってから12年、有名な路線になり、その間に観光客も国内外問わず増えたとか。

京都の嵐電に似ているので、嵐山駅みたいなお土産やらカフェやらさぞかし駅前も賑わっているのだろうと想像し、中間地点の伊太祈曽(いだきそ)駅に降りたったら、あれ?駅舎が無い?よんたま駅長?とあまりに素朴な佇まいに一瞬混乱しました。

よんたま駅長はそっとしておいてくれというオーラを出されていたので、空気を読みました。

伊太祈曽神社にお参りをし、道中ネコチャンに警戒されたり、道端の無人販売所でハッサク買ったり、観光とかではないけれどのんびり知らない町を歩く旅もいいもんです。
伊太祈曽駅前にレンタサイクルがあるので、それでうろうろしてもいいかも。

のんびりしすぎて、30分に1本の電車を2本逃し別の種類の電車に乗りたかったのにまたも、うめぼし電車に乗ることに。

ここから貴志駅まで行き、無事ニタマ駅長(のお尻)にもご挨拶し、鳥がやたらいるため池を通っていちご電車に乗り、帰りました。
他にも、たま電車・おもちゃ電車などのおもしろ電車が連日走っています。

地元の人の足である貴志川線。

どんだけ可愛くラッピングされていようとそこには日常があり、非日常の我々を受け入れてくれてありがとうございますという気持ちと、本気で観光客増やすなら駅前周辺になんかつくるだろうね、京都の商売人なら。とか、ネコチャン駅長無理せずにね、とか、なんか色々モヤモヤ考えてみたりもし、短いながらもよい旅でした。

 

京都からぎりぎり日帰りできます。
でもせっかくなら1泊してもっとゆっくりローカルを味わうのがおススメです。
ローカル線で言うと、温泉のある 加太線もかわゆいし近いのでセットで訪れてもいいかも。

 

和歌山電鉄 貴志川線
https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/

 

****日暮荘からのアクセス*******************

JR二条駅から京都駅
JR京都線新快速・姫路行きで大阪駅下車
JR紀州路快速・和歌山行きで終点和歌山下車
(ここまで約2時間半、1840円)
同じ構内に和歌山電鉄・和歌山駅があります。
ニタマ駅長のいる終点・貴志駅までは和歌山駅から30分、400円。

*********************************

 

2019 謹賀新年

2019年01月01日

明けましておめでとうございます。
今年もみなさまにとって良い一年になりますように。
日暮荘でお会いできることを楽しみにしております!

 

2019年 元旦
日暮荘 山畑真理