日暮荘 京都の町家ゲストハウス Higurashi-sou トップページへ

電話: 075-406-7946

1月休みのお知らせ January holiday

2018年01月08日

お正月も明け、日常に戻ってきましたね。

日暮荘は、1月9日~11日、16日、17日を休館とさせていただきます。
この間、電話・メールともにお答えすることが出来ませんので予めご了承ください。
この間に頂いたメールは休館日明けの営業日、朝8時から返信させて頂きます。

We are closed on Jan 9th~ 11th, 16th and 17th.
During the period, we can’t answer the phone or reply emails.
We will reply you the next working days.
Thank you for your understanding!

2018年 元旦のご挨拶

2018年01月01日

2018年、明けましておめでとうございます。A happy new year 2018.
今年もいい一年にしていきたいですね。

両親にもらった、鯉に雪の掛け軸を掛け、
各お部屋に千両と菊をいけてお正月らしく。

今年も日暮荘にてお待ちしております!
We look forward to meeting you in Higurashi-sou!

2018年 元旦
日暮荘 宿主
山畑真理 Mari Yamahata

2017年 大晦日

2017年12月31日

今年も残すところ今日一日となり、師走の12月がバタバタと走り抜けていきます。

今年一年日暮荘を支えてくれたスタッフとも年末の挨拶をし、年の瀬を感じる日々。

先日、日暮荘で忘年会をしました。
前回はお肉のしゃぶしゃぶだったので、今回ばぶりしゃぶ。
またも炊き出し風おでん鍋が大活躍しております。


お肉のしゃぶしゃぶは、前回早々にアブラにやられてしまって戦線離脱してしまったので、
魚にシフトチェンジ。
お肉大好き若者スタッフのために、あっさり豚しゃぶも追加で。

去年の年末も同じようなことしたなあと思ったら、「いぐちゃんの送別会&やまけん成人おめでとう」の会でした。

やまけんが去年ようやく成人したばかり、という事実に改めて驚愕。
先日東京で行われたマッスル大会新人戦にて、7位入賞という輝かしい成績をおさめたやまけん。大会が終わり、連日モリモリ食べてたら2週間ほどで14キロも太ったらしいです。
個性派俳優ばりの体重の増減、おそるべし。

去年の鍋ではいぐちゃんを送る会だったのに、あれ?いてる?という今年の鍋。
出産を経て、日暮荘にカムバックしてくれたのでした。
少し前まで大学生だったのに、今や家庭を持ち、家事に育児に仕事にとこの一年でたくさんの変化を経験し、パワフルに駆け抜けるいぐちゃん。
もう尊敬しかありません。

見慣れない場所と人間に、ちょっと落ち着かない様子だった息子どの。
でも座りかたは、誰よりも偉そうだね。

そして、シフトに宿直にと今年も日暮荘を細腕でガッチリ支えてくれた、ふきんさん。↓
年末年始もふきんさんが仕事に入ってくれるので、とても心強いです。
日に日になんだか女子力がぐんぐんとあがっているような、輝きマシマシのふきんさんです。

毎年、宿泊施設がどんどん増えていく中、
今年は日々日暮荘にお客さんがいらっしゃるということが当たり前ではないというということを実感した一年でした。
そんな中、今年もお泊り頂いたみなさまに深く感謝申し上げるとともに、来年もまた来たいって思ってもらえるような、自分がお客さんだったら泊まりたいって思うような宿づくりに尽力していきますので、2018年も日暮荘にてお会いできることを楽しみにしております。
皆さまにとって来年も素晴らしい年になりますように。

Thank you all for staying with us this year.
We work hard for Higurashi-sou next year too, to make this place more comfortable and your second home.
We hope you all have a wonderful 2018 and look forward to seeing you again in Higurashi-sou.

日暮荘 宿主
山畑真理 Mari Yamahata

Please Come in!

2017年12月25日

冬が来ると悩むこと。
それは、戸を閉めるか否か。

日暮荘には、お茶したりおしゃべりしたりしていただいたり、
みんなで使えるサロンスペースが2部屋あるのですが、
割と襖戸なんです。
暖房をつける季節になると、戸を閉めた方が暖かくなるんですが、
閉めるとめっちゃ入りづらくて、結果誰もいなーいみたいなことになりがち。

白い襖戸が、閉めると一気に壁っぽさを出してくるんですよ。
どうですか、入りづらいでしょう。

思えば日暮荘オープンしてから3年弱、
ある年は戸を全部開けっ放しにして暖房たいたり、
ある年はちょっとだけ戸を開けておいてみたり、
と、ちょっとよくわからないことをしてました。

でついこの間、リピーターのお客さんにこの話をしたら、
「閉めて、どなたさまもどうぞお入りください、って書けばいいじゃないの」
って言われて、「そりゃそーだ!」ってなりました。
なんか、あーでもこーでも細かいことを考えすぎてエライ方向行くけど、結果シンプルイズザベストじゃないかー!ってありませんか?私はよくあります。

で、さっそく、、

襖に何かを貼っつけるって、結構勇気のいる作業だったみたいで
ヒヨって、マスキングテープでふんわりどめ。

というわけで、どなたさまもPLEASE COME IN!

19-21日休館のお知らせ・19th-21st Closed

2017年12月18日

12月19、20、21日は日暮荘お休みとさせていただきます。
お休みの間は、電話はつながらなくなりますのでメールにてご連絡お待ちしております。
ご迷惑をお掛けします。。
休み明けは、22日朝8時からの営業となります。

We are closed on the 19th, 20th and 21st Dec.
During the time, we are afraid that we can’t answer the phones.
Please send an email during the time and we will reply you within a day.
We open at 8am, the 22nd Dec.

Thank you for your understanding!

はつ雪

2017年12月14日

暦の上では大雪(タイセツ)を迎え、今年は早くも各地で雪が降っているようですね。

京都市内も今朝は雪がちらついたそうです。
私はぐーすか寝坊をしておりましたが、スタッフふきんちゃんが写真に収めてくれていました。

昨日も昼間にみぞれが降りましたが、雪は初かな。
どおりで寒いわけだ。

庭の石燈篭にもうっすら雪が。
山茶花は可愛らしく咲いています。

寒い日って、やたら眠くなって億劫になります。
休みの日はいろんな言い訳を用意して、できるだけ家に籠ってダラダラしてしまう 。

それも冬のただしい過ごし方ということですかね、山茶花さん。

冬支度その2

2017年12月03日

暦の上では小雪、本格的な冬の前のちょっとした雪が降ったりするよねっていう時期。
日暮荘に来てもらった際に、少しでも快適に過ごせるようにと
お部屋のあれこれを買いに行ってきましたよ。

まずはすだれと交換して不織布のスクリーンを窓につけました。
日中はスクリーンを上げれば明るいお部屋、夜は窓からの冷気をシャットアウトしてくれます。
リピーターさんからも効果アリのお墨付き!

そして、洋風トリプルルームにはモダン柄のカーペットを敷きました。
これで冬のフローリングも怖くない!

白い壁に茶色のシンプルなお部屋だったので、差し色が欲しくて黄色いやつに。
これを選ぶのにめっちゃくちゃ悩みました。

しかしながら、和楽庵おかみの「ユー買っちゃいなよ」の一言で「ミー買っちゃうか」と決められました。
夏はカーペットは取って、裸足でフローリングを歩く気持ちよさを楽しんでいただこうと思ってます。

そして、受付と廊下の間に寒い時期限定、なんちゃって暖簾をつけました。
外から帰ってきたお客さんの「あったか~い♡」の一言を聞いてはしめしめと思っています。
ミシンが無かったので一針一針、5時間かかってちくちく縫いました。

不器用なのでヘタクソだけど、味があるということで。
こちらも暖かくなったら仕舞って、廊下まで見渡せるように戻したいと思っています。
(廊下突き当りに置いているモンステラさんの、フロントからの眺めがなかなか画になるんですよね♡)

冬将軍なんかにまけないわヨ!

手元ライトをハンドメイド

2017年11月28日

客室でつかっていた和紙の手元ライトですが、和紙が破れてしまったので、妹にお願いしキャンバス布で作り直してもらいました。

新しいのを買おうと思って手作り市などで探してみたけどこれってのに出会わなくて、ならば作ろうかと。
せっかく骨組み部分は使えるのだから丸々捨てるのももったいないですもんね。

デザイン、色の感じ、ビーズはこれ、糸はあれ、とざっくり注文してあとはおまかせです。
お得意の丸投げ発注!いつもすんません。

昭和ぽい、レトロな仕上がりになりました。
秋に発注したからか、紅葉柄が気分。
春に頼んだら緑のはっぱにしてもらってたのかな。
ちょっといびつでも何でも、やっぱり手作りはひとつひとつ違って面白く愛着がわきます。
そして布だからやぶれな~い!

常寂光寺の紅葉

2017年11月26日

25日現在、常寂光寺の紅葉はピークを迎えています。
お宿梅夜のきむさんと嵐山まで見に行ってきました。
日暮荘からだと最寄りのバス停「丸太町智恵光院」から93番一本で行けちゃうんですが、今日はあえて路面電車・嵐電(らんでん)で、旅気分を味わいます。

北野白梅町駅から、途中「帷子ノ辻」(かたびらのつじ)駅で乗り換えます。
要注意なのが、ぐるっとまわった一番ホームが嵐山行きなこと。
意外と難易度高いよねえときむさんとお客さんの気持ちになってみたり。。

そして、何故か嵐電の駅名は難しい、、、
「鳴滝」「蚕ノ社」「西院」「車折神社」(答えはこちら
なので、路線図にはもれなくフリガナがふってありました。

着いた時間が昼前後ということで、超混雑を覚悟していたのですが、竹林の路から野宮神社を抜ければ随分と人通りも減って歩きやすいです。
普通に道を歩いているだけで、じゅうぶん紅葉を堪能できます。

常寂光寺「紅葉最盛期」と表に看板が。
きむさんいい顔してるね。

境内本当に、至る所にモミジがあって見応え十分。
高台にあるので、京都市内も眺望できおすすめです。

秋はもちろん、春から夏にかけて青モミジもきっときれいでしょうね。

常寂光寺の周辺には、落柿舎・二尊院・祇王寺、さらに足を延ばして大覚寺・直指庵など他にも見どころがあるので、嵐山でレンタサイクルするもよし、今回の私たちのようにあれこれしゃべりながらのんびり散策するもよし。

嵐山っていっつも混んでるしなーと思ってましたが、お土産ロードを抜けると一気に田舎に来たような、地元なのに旅気分を味わえてゆっくり贅沢な時間を過ごせました。

紅葉シーズンもあと少し。
今年も見られてよかったな。

【日暮荘からのアクセス】
最寄りバス停「丸太町智恵光院」から93番で「嵐山天龍寺前」下車、バス停から徒歩20分。
もしくは、JR二条駅から「桂駅」乗り換えで、「嵐山」駅下車。
☆嵐電ご利用の際は、「丸太町智恵光院」から10番か204番で「北野白梅町」下車、嵐電「北野白梅町」からお乗りいただけます☆

京都御苑の紅葉

2017年11月24日

日暮荘から気軽に行ける京都御苑へ、すこしだけ紅葉を見に行ってきました。
今年はぐっと寒くなったせいか、木々の色づきも例年より早め。
真っ赤な紅葉もいいけれど、個人的にはオレンジくらいが好きなんですよね。

広い敷地内に色んな木々があって、御苑はたくさんの鳥たちの憩いの場でもあります。
市内どまんなかにいるのにピクニック気分になれる大好きな場所です。

銀杏のきいろいのや紅葉のあかあいの、落ちた葉っぱの絨毯も楽しめる今。
あったかく着込んで、おさんぽしましょう。